華南のPM2.5-1

華南のPM2.5

自動車の保有台数は、2億台を超えさらに増加し続けています。その為に2017 年から大都市で欧州と同等の厳しい排ガス規制を前倒し導入するほか、20年前後には無公害車の販売義務付けも始める。比較的工場排煙が経済状態の不況で 減っている状態で、それでもPM2.5は増えている華南では、大気汚染の主役が自動車に移ってきているようです。
下表は、自動車の増加ですが、華南では特に2010年頃から目に見えて自家用車の増加が顕著でした。その為2010年には湿度の高い朝などは空気の匂い が、おかしかった記憶があります。それと、現在(2018.1)はPM2.5は80-100と決して良い環境とは言えません。農村から出て来た少年は、昔 でさえ変な咳を続けていましたが、現在では、医者に罹る様になりました。それだけ空気は悪化しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です