中国のPM2.5 監視データを「改善」

中国各地で大気汚染監視データの改ざん事件が相次いでいる。

寧夏回族自治区石嘴山市、江西省新余市と河南省信陽市、西安市等が挙げられているが、氷山の一角に過ぎない。

中国では深刻な大気汚染に対する国民の不満が高まっている。当局は危機感を募らせている一方、監視データの改ざんに躍起になっている。また、大気汚染観測部門は行政部門から独立せず、行政部門の指示や制約を受けるため、信ぴょう性のある客観的な観測データを生み出すメカニズムを欠いていると指摘されている。

データ改竄の方法は、高圧噴射で空中の塵を水滴に付着させて落とす事で、夜間に急に冷え込むと、この様な結果になる。

中国各地で大気汚染監視データの改ざん事件が相次いでいる。

寧夏回族自治区石嘴山市、江西省新余市と河南省信陽市、西安市等が挙げられているが、氷山の一角に過ぎない。

中国では深刻な大気汚染に対する国民の不満が高まっている。当局は危機感を募らせている一方、監視データの改ざんに躍起になっている。また、大気汚染観測部門は行政部門から独立せず、行政部門の指示や制約を受けるため、信ぴょう性のある客観的な観測データを生み出すメカニズムを欠いていると指摘されている。

データ改竄の方法は、高圧噴射で空中の塵を水滴に付着させて落とす事で、夜間に急に冷え込むと、この様な結果になる。

もともと、中国のデータとは、作文の事で自分にとって都合が良い様に改竄して残すのが中国のデータです。その為にデータによって対策を立てると、とんでもない事になるのが日常で、これは工場や会社でも同じ事です。

そんな状態では、現状把握すら難しくなり中国は今まで王朝交代が起こってきたわけで
この様な習慣は直りません。

現在の王朝も、やがて同じ状態で滅ぶ訳ですが、それにしてもデータ改ざんの為、噴霧
までするとは、少しは益しになったのでしょうか?

もともと、中国のデータとは、作文の事で自分にとって都合が良い様に改竄して残すのが中国のデータです。その為にデータによって対策を立てると、とんでもない事になるのが日常で、これは工場や会社でも同じ事です。

そんな状態では、現状把握すら難しくなり中国は今まで王朝交代が起こってきたわけで
この様な習慣は直りません。

現在の王朝も、やがて同じ状態で滅ぶ訳ですが、それにしてもデータ改ざんの為、噴霧
までするとは、少しは益しになったのでしょうか?
それでも、自分に都合が良い様にデータを作る事は、いぜんのままなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です