華南のPM2.5-31

PM2.5が人体に影響する病気や症状はいろいろ有りますが、最も多い症状は子供の喘息が
一番に挙げられます。この小児喘息はPM2.5がこれほど酷くない頃から、内陸から華南に
出て来た子供たちに見られた現象です。

それくらい前から(15-6年前)既に大気は汚れたいた訳です。その頃は変な咳を時々する程度でしたが、小児喘息の咳の様な感じでした。それが現在では完全に小児喘息になり時には発作も診られます。

こんな状態は無くさなければならないのですが、今では故郷の村でも所によっては同じ様なPM2.5の状態で、国中が行き場のない状態です。

小児喘息についてはこれから述べて行きますが、現状の打開は困難と言うほかありません。ここ

小児喘息に関する疑問、対処、治療の基礎については、ここに張り付けておきます。
ap026小児喘息1-04

ap026小児喘息1-05

ap026小児喘息1-06

ap026小児喘息1-07

ap026小児喘息1-08

ap026小児喘息1-09

ap026小児喘息1-10

ap026小児喘息1-11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です